ドローン初心者におすすめのモデルを紹介!選び方も解説

空を飛ばせて自由に操縦することができることで、人気を集めているドローン。こちらの記事では、初心者がドローンを選ぶ時にチェックしたいポイントやおすすめのモデルを紹介します。 初心者のドローンの選び方 まずは、初心者がドローンを選ぶ時のポイントを紹介します。安全性の高さや、自由に飛行がしやすいこと、比較的安価であることをチェックしましょう。 ・ローターガードがついたものが安心 初心者のうちは、ドローンをうまく操縦できるかわからないので、プロペラ周りを保護できるローターガードがついているものを選ぶのがおすすめです。どこかにぶつかってしまって機器が故障するのを防ぎます。人にぶつかって怪我をする恐れもあるので、練習中の方はぜひローターガードつきのものを選びましょう。 ・200g未満の重量のものを選ぶ 製品重量が200g未満のものなら、航空法の規制の対象外となります。それなら、比較的自由に操作することができるのでおすすめです。200g未満でも、「道路交通法」や「小型無人機等飛行禁止法」などの法律を遵守する必要があることは覚えておきましょう。 ・1万円前後でも性能のいいものが買える ドローンの価格はピンからキリまでありますが、1万円前後でも比較的性能の高い機種が選べるので、初めて購入する人は1万円前後を目安に選んでみてください。そこから、だんだん欲しい機能などが出てきたら、グレードアップするのもいいですね。 初心者におすすめのドローンは? それでは、上記を踏まえて初心者におすすめのドローンのモデルを紹介します。1万円前後で購入できる、操作感も初心者向けのものを選んでいますよ。 ・ホーリーストーン HS 160Pro スマホのアプリで操作をすることができるのが、手軽で便利なモデルです。「体感操作モード」というものがあり、スマホを傾けることでドローンを操作できるのも初心者向きとなっています。 底部に映像センサーが内蔵されていて、ズレを検知してくれるため、本体の姿勢を自動的にキープするのも便利なポイントです。 ・スナップテイン SP650 200g未満なので、比較的自由に飛行することができるドローンです。6軸のジャイロを搭載しているため、安定感のあるホバリングを実現しています。1080pの高画質カメラを搭載。 操作感が簡単なので、初心者の練習用のモデルとして人気があります。人の手の形で撮影モードを切り替えられる「ジェスチャーコントロール機能」も搭載されていますよ。 まとめ こちらの記事では、初心者向けのドローンの選び方やおすすめのドローンのモデルを紹介しました。安心して使いやすいモデルや、初心者でも手が出しやすい価格帯のものから選んでみましょう。ぜひ、上空からの撮影の楽しさや魅力を知ることができたら、さらに高性能のモデルをチェックしてみるのも楽しいのでおすすめです。

国内でも開催されている!ドローンの大会の参加方法やルールについて紹介

ドローンを持っている人の中には、自分の腕に自信を持っている人もいるでしょう。そのような人の中にはドローンの大会があれば参加してみたいと考えている方もいるかもしれません。ここでは国内の主要なドローンの大会やルールについてまとめました。 ドローン大会のルール ここでは一般的な大会ルールについて見ていきます。個別の大会によっては細かなレギュレーションに違いがあるかもしれません。参加する際にはホームページなどで確認しましょう。 ラップタイムを競うのが中心 ドローン大会は決められたコースを飛行して、そのタイムを競うものが基本です。勝敗の決め方には大会によって違いがあります。ベストラップを競う場合もありますし、何度か飛ばしてその合計タイムの早い順番で決するゲームもあります。また同じ大会の中でも予選と決勝ではルールの内容が異なる場合もありますので注意しましょう。 失敗した場合 ドローンを飛ばしているときに墜落する、コースから外れてしまうこともあるでしょう。この場合の取り扱いですが、大会によってまちまちです。途中で墜落した時点で即失格になるゲームもあれば、1周でもきちんと回っていればそのラップタイムが記録されるものも見られます。 チーム単位で参加する ドローン大会の多くは単独では参加できません。操縦する人のほかにも機体の調整をするメカニックも含めて、チーム単位で参加する形が一般的です。 国内の主要なドローン大会を紹介 日本国内でもドローンを使った競技会はすでにいろいろと行われています。その中でも大きな大会を3つピックアップしてみました。 JAPAN DRONE NATIONALS JAPAN DRONE NATIONALSとはJDRAという団体が主催するドローンの大会の中でも、最大規模です。すでに大会の様子やテレビやネット配信されているので、メディアの露出度も高いです。 Drone Impact Challenge Drone Impact Challengeも大規模なドローンレースとして、注目を集めています。実行委員会は2015年に発足して、日本でレースが知られるきっかけにもなった大会です。2016年にはアジアカップと言って、アジア7か国の操縦士を集めた大会を開催したことでも話題になりました。 Japan Drone League Japan Drone Leagueは、日本各地で何度か大会を開催し、獲得ポイント数でランキングを決める大会です。各レースは「ラウンド」と呼びます。イメージ的にはF1をはじめとしたカーレースに近い形式で運営されています。 まとめ このように日本国内でもドローンの大会は年に何度も開催されています。もし主要大会で優秀な成績を収められれば、世界に進出することも可能です。世界でも大きなレースが開催されていて、ここで活躍できれば、大きな報酬を獲得できるかもしれません。興味があれば、一度チェックしてみませんか?

ドローンの選び方についての解説

AI化が進む昨今、ドローンに注目している人も少なくないのではないでしょうか。 現在ではドローンの専門学校があるほど需要が高まっていますが、実際にドローンで何かをしてみようと考えたときに何から始めればいいのか。 ドローンには空中からの写真を撮ったり、スポーツとしてアクロバット飛行の操縦をしたりと様々な用途がありますが、何をするにせよとにかく空を飛ぶということだけは共通しています。 ですので、まずは飛ばしやすい、操縦しやすいという部分にフォーカスを当てていきたいと思います。 ドローンのブランド いきなりですが、車を購入する際にあなたはどんなことを考えますでしょうか。 見た目の格好良さや、性能はもちろん考えると思いますが、「どのメーカーにするか」という部分も購入の大きな要素となるのではないでしょうか。 実はドローンの業界にもいくつものメーカーが存在し、やはり人気なものとそうでないものがあります。 人気の裏には、品質の高さや、飛ばしやすさなど、消費者の心をつかむ何かが存在します。 そういった特徴も含め3つの有名なメーカーを紹介いたします。 DJI 2006年創業の歴史の浅い中国の会社ですが、なんと世界のドローン市場におけるシェアが70%超えという圧倒的人気メーカーです。 価格帯は安いもので3万円台、高いもので10万円以上になっています。 このメーカーの長所は多様な種類と操縦する際のアシスト機能です。 ドローンは基本的にアウトドアでの操縦のため、風の影響を大きく受けます。 そのため人間のリモコンだけの操作だけでなく、自動でホバーリングしてくれる機能がついており、墜落の確率を下げてくれます。 また、飛行中にバッテリーが切れたときにも自動で戻ってくる機能なども搭載しており、初心者には扱いやすいものが多く展開されています。 Parrot 1994年創業のガジェット系のメーカーです。ファッションの聖地パリの会社というだけあり、デザインへのこだわりを強みとしています。 価格は安いもので1万円台、高いもので10万円以上になっています。 このメーカーの長所は持ち運びやすく、スポーティというのが特徴です。 ドローンの種類によっては時速80キロほど出るものもあり、将来的にスポーツ重視で考えているならお勧めです。 GoPro タフなカメラできれいな映像が撮れることで有名なGoProですが、ドローン業界でもかなり有名なポジションにいます。 こちらも価格帯は安いもので1万円台、高いもので10万円以上になっています。 特徴は何といってもカメラのスペックです。 前述したDJIにもカメラを提供するほどであり、いい映像を撮るためのドローンを作っているといっても過言ではないメーカーです。 まとめ 今回は3つの有名なメーカーを紹介しましたが、どれも初心者には扱いやすいものを展開しています。 あとは、近い将来にどういうことをドローンでしていきたいかで選べばいいと思います。

ドローンのプロペラ・バッテリーについて解説

ドローンは趣味として始める人も増えていますが、ドローンの飛行性能に大きく影響するのがバッテリーです。バッテリーについては購入するにあたってどのようなものがいいか確認をしておきましょう。 【ドローンのバッテリーの種類】 ドローンは小型化するためにはどうしてもバッテリーも小さなものにする必要があります。そのため小型なものでなおかつリーズナブルなものとなると、かなりバッテリーが小さくなり滞空時間も短くなってしまいます。そこで最近ではバッテリーも様々な改良がされるようになっています。 ・リポバッテリー 現在ドローンで最も使われているのがリポバッテリーです、リチウム電池を使っているものでありエネルギー密度が高く小型化をすることができるため多く使われています。他にも塩化チオニルリチウム電池やリチウム・空気電池といったものもありますが、あまり流通していません。リポバッテリーはイオンをゲル状にしているので爆発等のリスクも少ないですし、従来のバッテリーよりも軽くて大容量ということがメリットです。しかし充電をしすぎたり長時間使ったりすると内部に蓄積されるガスの影響で爆発することもあるという点では注意が必要です。 【リポバッテリーの注意点】 リポバッテリーはドローンで多く使われていますが、充電の仕方によっては発熱や発火の危険もあります。そこで充電を正しく行う必要があります。他にも保管をする際に気をつけておくとよいこともあります。 ・リポバッテリーを扱う際に気をつけること リポバッテリーを保管する時には60パーセントほどの残量で保管することが良いとされています。バッテリーが完全に充電された状態で長時間放置をしてしまうと、内部の電力を出力する化学反応が行われ使えなくなってしまうこともあります。また充電をしすぎると発熱や発火をすることもあるので、できれば充電をしている間はバッテリーの近くにいて様子を見ておく方が安心できます。充電中はもちろんですが実際にドローンを操縦していても何かおかしいと感じることがあれば、すぐにドローン捜査をやめて様子を確認するようにしましょう。 まとめ ドローンは手軽に楽しめるようになったことでリーズナブルなものを購入して趣味として楽しむ人も増えています。しかしリーズナブルなものはバッテリーでのトラブルが起こることもあるので使用する時には気をつけるようにしましょう。今一般的に使われているリポバッテリーは安全性が高いと言われていますが、それでもトラブルが起こることもあるので使いすぎに気をつけたり保管の方法に気をつけたりするようにしましょう。

ドローンの価格について解説

ドローンは趣味として始める人も多いですが、最近では本格的に撮影をして仕事にするという人も出てきています。そのため種類も豊富で幅広い価格帯で販売がされています。これから購入するにあたってはどのくらいの価格帯のものを購入すればいいのでしょう。 【ドローの価格と品質】 ドローンの価格はやはり本体の品質によって変わってきます。販売され始めた当初はプロ仕様の本格的なものがほとんどでしたが、最近ではリーズナブルで手軽に始められるものが増えています。 ・初心者におすすめな低価格のドローン ドローンの中でも初心者が手軽に使えるタイプといえば低価格ドローンです。低価格ドローンも2万円以下のものが多かったですが、最近では1万円以下でも最低限の動作ができるものが販売されるようになっています。初心者でも操縦できるよう操縦サポートがついているものやホバリング機能がついているものもあります。機体の重量も重たくないので航空法の規制にもかからず使えます。リーズナブルなものになってくると飛行可能時間が短いものや動画撮影の画素数が少なめのものも出てくるので、用途によってこだわる点を考えて選ぶようにするとリーズナブルなものでも機能に納得して使うことができます。 【低価格ドローンを選ぶ際の注意点】 低価格のドローンは安く購入できて手軽に始められるのがメリットですがやはりトラブルもあります。購入をしてから後悔をすることがないよう事前によく確認をしておきましょう。 ・低価格ドローンを購入する際に気をつけたいこと 低価格ドローンを購入するにあたっては法律の規制に違反していないかを確認することが大切です。低価格のものは重量があり重さの規制にかかってしまうことがあるので注意が必要です。また低価格のドローンは期待が小さくバッテリーも小さいので飛行時間が5分から10分ほどのものも多いです。そのため長時間楽しむためには交換用のバッテリーがあるものを選ぶようにしましょう。また破損したときのために消耗品や壊れやすいパーツは、別途購入できるかどうかを確認しておくと長く使うことができます。特に最初のうちはうまく操作ができないので、障害物にぶつかったときのためにローターガードがついているものを選ぶことがオススメです。 まとめ ドローンは低価格帯のものも増えています。初心者の場合には2万円以下の低価格のものが手軽に始められておすすめですが、購入してから後悔をしないよう事前にきちんと付属品やバッテリー、ローターガードの有無といったことを確認してから購入するようにしましょう。

ドローンを飛ばす際の注意点について解説

ドローンは様々なものを撮影できるとして人気があります。しかしドローンを飛ばすにあたってはいくつか知っておかなければならないことがあります。トラブルにならないようにするためにも事前に飛ばす際の注意点を知っておきましょう。 【ドローンを飛ばす際には法律に注意】 ドローンを飛ばすにあたってはいくつかの法律について確認をする必要があります。2015年にはドローンが首相官邸に落ちたことによって新たな法律も施行されています。法律違反にならないようによく情報を確認しておきましょう。 ・ドローンにかかわる法律 ドローンではいくつかの法律で規制がされています。例えば航空法では総重量200グラム以上のものは飛ばすにあたって許可が必要です。許可をとるためには行政書士に相談をすることが望ましいといわれています。またドローン本体が200グラム以下で合っても模型航空機ということで規制をされることがあるので気をつけましょう。他にもドローンを飛ばしていい場所にも規制があります。地表や水面から150m以上の場所や空港周辺、人口集中地区といった場所では規制がされており、国土交通省のホームページで詳細が書かれているので飛ばす前に確認をしてみましょう。 【マナーを守ってドローンを楽しもう】 ドローンは法律の規制はもちろんですがそれ以外にもマナーを守って楽しむ必要があります。これからドローンを楽しむために操縦の基本や知識を学ぶだけでなく、ドローンのマナーも知っておきましょう。 ・ドローンを飛ばすにあたって必要な勉強 ドローンは公的な資格や免許が無くても誰でも飛ばすことができます。そのため手軽に始められる反面トラブルも多いです。特に初心者の間は操縦がうまくできず周囲に迷惑をかけることも良くあります。そこで飛ばす前にきちんとマナーを知っておくとともに、飛ばして人に迷惑を掛けないためにも広い場所で練習をすることから始めましょう。歴史的建造物や住宅などにぶつけて被害を出さないようにするためにも、まずは何もない広い場所で練習をすることから始めることが望ましいです。また本を読んだりドローンスクールに行ったりしてドローンについての知識も身につけることが望ましいです。最近では検定もあるので検定に挑戦して知識を身につけるのもおすすめです。 まとめ ドローンは手軽に始められる趣味ですがトラブルが多いのも事実です。そこでトラブルを起こさないためにもまずはドローンの操縦方法を学ぶとともに資格の勉強やドローンスクールでの勉強をしてドローンに関する法律についても学ぶようにしましょう。

初心者がドローンを始める際の流れについて解説

最近ではドローンが話題になっています。そのため新しく趣味として始めたいと思う人も多いです。ただ種類も多いですし、何から手を付ければいいのかわからないものでもあります。これからドローンを始めるには何から始めるといいのでしょう。 【ドローンはどこで購入するのか】 ドローンを始めるには自分のドローンが必要です。ドローンはどこのお店にどのようなタイプが売っているのでしょうか。 ・ドローンの種類と購入店 ドローンは色々なお店で販売されていますが、購入したいドローンの種類によっても購入するお店は違ってきます。大手量販店ではドローンが取り扱われています。お店の規模によっては本格的なものも取り扱っているお店もあります。一般的な趣味として楽しむドローンであれば量販店で一通りそろえることができます。ラジコン販売店は昔に比べるとお店の数は減ってしまいましたが、今はドローンの取り扱いをしていることで人気が再燃しつつあります。ドローンの種類も幅広く取り揃えられているので用途や予算に応じてドローンを選べます。ドローンの知識が豊富なスタッフも多いので、説明を聞きながら自分に合ったものを選べます。 一番手軽で品ぞろえが豊富なのはインターネット通販です。インターネット通販のお店の数も多いので色々なお店で価格比較もできます。店舗を構えないことや全国から注文が集まることから、店舗で購入するよりも安く購入できることも多いです。ただし違法品や海外からの発送品はトラブルが起こることもあるので、きちんと購入前にお店の情報を確認する必要があります。 【トイドローンとホビードローンの選び方】 ドローンを購入して使い始めるにあたって悩むのがトイドローンにするかホビードローンのどちらにするかということです。趣味としてや初めてのドローンで手軽に始める場合にはトイドローンで充分であると言われています。 ・トイドローンの選び方 これからトイドローンでドローンの練習をしようとする場合、気になるのが操作性です。操作をするにあたってはどのタイプのドローンでもサイズが大きいほど安定性は増します。小型のものは安定しにくく操作が難しいです。そこで外での操作をしやすいものを選ぶ場合には、少し大きめのものの方がうまく使えるようになります。ただし大型のものは室内での操作が不向きなので自宅の中でも捜査の練習をしたいという場合には小型や中型のものを選んで自宅で練習をすることが良いとされています。重さは法律の規制があるので200グラム以下のものを選ぶようにしましょう。 まとめ 手軽に始められるようになったことでドローンを趣味として始める人が増えています。購入する場合には量販店以外にもラジコン販売店やインターネット通販での購入が可能です。また購入する際には手軽に始めやすいということでトイドローンが人気です。